銀行と消費者金融が提供するローンの違い

様々な事情でお金が必要になった時に便利なのがキャッシングやカードローンといったものですが、基本的に各種金融機関で取り扱っています。安定的な収入、職業、そして年齢などに合わせた様々なローン商品があるのですが、これらには大きく分けて銀行系ローンとノンバンク系ローンがあります。銀行系とはその名の通り銀行が提供している金融商品で、メガバンクやネットバンク、その他のほとんどの地方銀行などでサービスを提供しています。大きな特徴としては低金利で長期間に渡って返済できる点で、これによって年収より大きな金額を借りることも可能で、既に他の金融機関で高い金利の商品を利用している場合ではより有利な金利のローンにまとめることができるのです。銀行が提供する金融商品は貸金業法の総量規制の対象外となるので大きな金額を借入れることができ、年収の低い方でもまとまった金額を融資してもらうことができるのですが、ただし融資するかどうかの審査は比較的厳しく、条件によっては希望に添えないことがあります。対してノンバンク系とはいわゆる消費者金融や各種信販会社が提供しているローンのことで、申し込めば比較的簡単に審査が通るのが特徴です。加えて実際に融資を受けるまでのスピードが早く、条件にもよりますが最短では午前中に申し込んで午後には融資が受けられることもあります。とはいえ金利が高い商品が多く、あまり長期間に渡って返済するのはおすすめできません。