信販系キャッシングの特徴とメリットについて

キャッシングはお金を借りると言う意味が在りますが、申し込みが出来るのは、銀行や信用金庫などの金融機関を初め、消費者金融や信販会社などになります。

信販会社と言うのはクレジットカードを主に取り扱う会社であり、クレジットカードにキャッシング枠を設ける事でお金を借りる事が出来ると言うメリットが在ります。

尚、クレジットカード機能と言うのはキャッシュレスで買い物などに利用する事が出来る便利なカードで在り、この便利なカードにキャッシング枠を設けたものが信販系キャッシングの特徴で、1枚のカードでクレジットカード機能とお金を借りる事が出来る機能がついているため、カードを余計に持たないで良いと言うメリットも在ります。

信販会社の場合、消費者金融と同じく総量規制の対象となるため、利用限度額は年収の3分の1未満になるのが特徴で、ローンの最高額は年収に応じて決まるのが特徴です。

また、総量規制の中には融資希望額が50万円を超える場合と他社借入が在る場合で融資希望額100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要になるのが特徴です。

尚、信販系キャッシングを利用する場合、実質年率について比較をしておくことが大切です。
実質年率と言うのは、融資額に対して諸費用が加算した状態で計算を行った実質上の金利であり、元金や利息のみではなく、ローン手数料や保証料などが加算されることもあるため、実質年率について比較をすることや、金利に含まれるものがどのような費用になっているのかなど評価をしておくことも大切です。