カードローンは低金利商品に借り換えるとお得

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなどには、必ず金利(年利)が設定されています。それによって金融機関は利息という利益を得ることができますし、消費者は借り入れ手数料のようなお金である利息を支払うことになるのです。ですから金利というものは、金融機関にとっては高いほうが儲けが大きくなって嬉しいですし、逆に借りたお金を返済する消費者としては、できるだけ低いほうが利息の支払い負担が減ってくれるので嬉しいのです。
ですから消費者の立場に立って考えてみると、もしも今よりも金利が低いカードローンやキャッシングが見つかったとしたら、借り換えるほうが間違いなくお得になります。たとえば年利18%のカードローンで借りている時、15%のカードローンが見つかったとしたら、単純計算ですが借り換えによって3%分の利息の節約になるのです。ただし、どんなローン商品にも審査があります。それに通らなければ借り入れはできませんので、年利の小さな商品が見つかったからといって手放しで喜んではいられません。
また、複数のカードローンやキャッシングで借金している場合は、おまとめローンを活用することで利息の負担を減らせる可能性があります。それに、おまとめローンで複数の借金を一つにすることができれば、返済約定日などの管理も楽になります。もちろん、こうしたおまとめローンにも審査はありますので、申し込み手続きをしたからといって必ず必要十分なお金を貸してもらえるとは限りません。