派遣社員がカードローンを申し込んだ時の在籍確認

キャッシングやカードローンの審査において避けては通れないのが在籍確認です。
これは申し込みをした本人が本当に申告した勤め先に在籍しているかどうかを確認するために必要とされており、もしその会社に所属している事実がないと判断された場合には融資が受けられなくなります。
お金を借りる、お金を貸すとなると返済が出来ることが最低条件ですから、その返済のもととなる収入が確かにあるかということを見なくては審査の結果も出せないからです。
通常の正社員などであれば特に問題は無いのですが、これが少々難しいのではと思われるのが「派遣社員」の場合です。
派遣社員は派遣元となる会社から別の会社に派遣されているわけですから、働いている場所は派遣先です。
しかし雇用されているのは派遣元なわけですから、一体どちらを勤め先にすれば良いのかわからないとして迷ってしまう人が多いのです。
ただこれについては基本的に、自分が所属している「派遣元」の方を勤め先にしておけば問題ありません。
もちろん日中は派遣先にいるわけですから業者からの電話に応えることはできないのですが、審査においては「いない」と言われなければある程度問題ないのです。
そしてほとんどの派遣会社は「確かに在籍していますが、現在本人が対応することが出来ません」といったような返答を返しますから、それで「申し込みをした人は確かに在籍している」ということが分かるわけです。
ほとんどの業者がこのような対応をしていますから、派遣社員として働いている場合は派遣元を勤め先として申告しましょう。