任意整理中でもキャッシングを利用できますか

債務整理の中にはいくつかのものがありますが、究極といわれる自己破産の場合にはすべての借金が免除されるというメリットがある反面、保証人がいるケースでは借金が保証人のものとなるため多大な迷惑をかけてしまうことになります。従って、自己破産したいのだが保証人に迷惑をかけるわけにもいかないという場合に検討されるのが任意整理です。
任意整理とは、その名の通りに任意で債務を整理しますので、保証人がついているものについてはそのままの状態にして残すことができるのです。もちろん、返済はそのまま継続していくことが前提となります。また、自己破産などとは違い裁判所を通さずに直接に消費者金融会社や銀行と金利や残債の減免などについて交渉を行いますので官報に掲載されることもありません。
従って、任意整理の返済中であっても、残しておいたカードローンやクレジットカードなどはそのまま利用することはできます。ただし、当然新規でクレジットカードをつくったり、新規でカードローンをつくり借入することは一定期間はむずかしいということになります。何故ならば、官報には掲載されずとも個人信用情報には記録が残りますので、審査時にここをチェックされると審査が通らなくなるからです。
同じように、保証人がついているため残したカードローンやクレジットカードも更新の手続きなどで個人信用情報をチェックされるとそれ以降は融資を受けられなくなったり利用できなくなる可能性は大となります。